背中合わせで立つ。

 6月27日の日曜日に、理事長さんの演劇ワークショップがあった。一宮スタジオができる場所でやったんだ。ボク、なんだかちょっと遠慮しちゃって、こっそり覗いてた。

 いいなあ、ワークって。はじめて会った人たちが、みるみるうちに仲良くなっていくんだから。仲良くなるとその場の空気がなんだか軽くなっていく感じがするよ。

 理事長さんは「背中合わせで立つ」ってレッスンをやってた。これ、ボクもやったことある!というか、初めて理事長さんと会った日に受けたのが、このレッスンだった。

 

「背中合わせで立つ」はこんなレッスン。

①2人一組でやる。背中合わせで体操座りをして座る。

②2人同時に立ち上がる。

※目は閉じる。おしゃべりはしちゃダメ。声で合図してもダメ。

※ひざの角度は90度をキープ。

※手は床につかない。


 あの日、ボク、180cmくらいのおじさんとこのレッスンをやったんだよ。もちろん全然立てなかった。ボク、4本足の犬なんだから、2本足で立てっこないよ。諦めそうになったとき、ボクの耳元で理事長さんがこっそり言ったんだ。「自分で立とうと思え。でもいっしょに立とうと思え」

 ボクは頭の中で何度も何度も繰り返した。「自分で立とうと思え。でもいっしょに立とうと思え」って。そしたら!「すっ」って立てたんだ!チカラなんて全然要らなかった。ホント、「すっ」って感じだった。

 ワークショップに参加してた人もすごく喜んでくれた。みんな拍手してくれたし、抱き合ったり、ハイタッチしたり・・・。もうお祭り騒ぎだった。ボク、ちょっぴり恥ずかしかったけど、なんだかすごく嬉しくて・・・あの日ボク、人間てあったかいなって思ったよ。変だよね、飼い主さんに河原に捨てられてから何時間も経ってないのにさ。

 

 ・・・今日もまたたくさん書いちゃった。「自分で立とうと思え。でもいっしょに立とうと思え」うん。いい言葉。ボク、あの日からずっと、この言葉をお守りにしてやってきたんだよ。

 今度は勇気出して、犬のボクも理事長さんのワークに参加します。いっしょになったら、みんな仲良くしてね。